「心臓」を元気に保つ7つの方法


疑いなく、心臓は私たちの体内で最も重要な器官の一つです。これは、血液を送り出して酸素と栄養素を供給するとともに、代謝老廃物を除去します。

心血管系は2つの因子で評価できます:

• 心拍数
• 動脈血圧

心臓は基本的には循環器系を通して血液を移動させる際に拍動するポンプであるため、それが適切に作動していることを示す主要な要因の1つは(人の全般的な健康とともに)脈拍数、すなわち1分間あたりの心拍数(回/分)です。
成人の安静時の適正脈拍数は60~100回/分であり、59回/分以下は徐脈(緩徐な脈拍数)、101回/分以上は頻脈(速い脈拍数)を示します。不整脈、あるいは不規則な心拍を起こすこともあります。心臓がどのように機能しているかを知っておくことが大切です。なぜなら、状態によっては重大な健康問題を示している可能性があるからです。

動脈血圧(BP)とは、血液が血管壁を押す力のことです。成人の安静時の適正血圧は120/80mm Hgです。

心臓の機能が今後数年間にわたり最大限に発揮できるようにするためには、次の6つのステップを実行する必要があります:

1) より健康的な食事をとること。全粒穀物、果物、たくさんの野菜を含む、低脂質で高繊維の食事についてお話しします。アーモンドやクルミのようなナッツや、アプリコットのような乾燥果物もとても良いです。砂糖と飽和脂質を排出し、食塩摂取量を下げます。覚えておいてください! 何事も適度が良いのです!

2) 水を十分に飲みましょう。水が不足すると、血中濃度および血液粘度が増大します。これにより心臓にストレスが加わり、血栓が形成され、高血圧、心臓発作、脳卒中の危険性が高まります。

3) アルコール摂取量を減らして(ええ、いやですよね、わかります)、喫煙をやめます。アルコールは非常に高カロリーです。ただし、カテキンとリザーバトロール(「良好な」HDLコレステロールを改善する天然物質)を含む赤ワインを1杯か2杯飲むのは良いでしょう。

4) アクティブになりましょう! 毎日、何らかの運動(ランニング、水泳、歩行)に真剣に取り組みましょう。週に5日、30分間のアクティビティを行うと、心臓病の危険性が著しく低下します。できる範囲でやってみてください。

5) 体重の管理: 過体重は冠動脈心疾患の危険性を高めます。

6) 定期的に脈拍数を確認してください。 据え置き型、モバイル型、手動式および電子式の両方で、それを行う多種多様な方法があります。手首に装着されたHEALBE GoBeスマートバンドは、睡眠中、安静時、または胸部周囲に不快感のない何らかの身体的アクティビティを行っているときに、脈拍数を監視します。




お問い合わせ

お使いのGoBe
についてのお問い合わせは
gobe@healbe.com
までご連絡ください。